コラム

保険相談窓口の活用方法とは|利用する際の準備事項や注意点、選び方などを解説

保険相談窓口では保険に関するさまざまな相談を受け付けており、それぞれの人にあう提案をしています。また保険相談窓口は街なかやショッピングモールなど利便性が良い場所にあるため、気軽に立ち寄りやすいです。この記事では、保険を検討している人に向けて、保険相談窓口をうまく活用するポイントを解説します。

保険相談窓口とは

保険相談窓口とは、保険への新規加入の手続きをしたり、保険の見直しについてアドバイスを受けられたりする保険代理店です。ひとつの保険相談窓口で複数の保険会社の保険を扱っているため、さまざまな保険を比較しながら自分にあうものを選べます。自分にとって必要な保険の種類や選び方がわからなくても、保険相談窓口に相談すればスムーズに保険を探せます。

保険相談窓口のスタイル

保険相談窓口にはさまざまなスタイルがあります。以下で具体的に解説します。

店舗型

店舗型では、直接対面して手続きや相談を受け付けています。街なかやショッピングモールに保険相談窓口が設けられています。そのため、買い物や通勤の途中に気軽に立ち寄ることが可能です。

オンライン

ビデオチャットを利用して保険についてアドバイスを受けられる、オンラインの保険相談窓口もあります。コロナ禍のリモートワークによりビデオチャットの利用が浸透したため、オンライン相談型のサービスも増え、保険相談窓口への申し込みもハードルが低くなりました。

電話型

電話型は、電話で保険について質問できます。近くに店舗がない場合やなかなか外出できない場合でも、保険に関する相談が可能です。対面で話すよりも短時間で終わるケースが多いため、気軽に連絡できます。

訪問型

訪問型は、相談員と待ち合わせをして対面で保険について相談します。自宅をはじめとし、職場、喫茶店、ファミリーレストランなどを訪問先として指定できます。ただし、自宅以外で相談する際は、個人情報の扱いに注意が必要です。

保険相談窓口を利用するメリット

保険相談窓口を利用すると、さまざまなメリットがあります。ここでは、メリットを具体的に解説します。

プロの意見が聞ける

保険相談窓口には保険について熟知している相談員がおり、プロの意見を聞けます。以下でくわしく解説します。

相談員はどんな人?

保険相談窓口にいる相談員は、保険の募集人資格を保有しています。また、保険会社に勤務していた経験がある人や、ファイナンシャルプランナーの資格をもっている人も多いです。

専門性や中立性の高いアドバイス

相談員は、お金に関する専門知識をもっています。そのため、今後の人生の資金計画を考慮したアドバイスをもらえます。保険相談窓口では複数の保険会社の保険が扱われているため、中立的な提案を受けることが可能です。

利便性が高い

保険相談窓口は利便性が高いところも魅力です。具体的に解説します。

近隣の店舗を利用できる

保険相談窓口は街なかやショッピングモールなど、立ち寄りやすい場所に設置されています。子どもが遊べるコーナーが設けられていたりベビーカーで入店しやすくなっていたりする店舗もあり、子連れでも利用しやすいです。

自宅に来てもらえる

訪問型の保険相談窓口を選べば、相談員に自宅へ来てもらえます。自家用車がなくて店舗型の保険相談窓口へ足を運ぶのが難しい場合でも、自分の状況や都合を優先して保険について相談できます。

さまざまな保険の中から選べる

保険相談窓口は複数の保険会社の保険を扱っているため、選択肢の幅が広いです。専門知識をもつ相談員からアドバイスしてもらえば、自分で情報収集するよりもスムーズに自分の希望にあう保険をみつけられるでしょう。

加入後のサポートがある

保険相談窓口を介して保険の手続きをすれば、加入後もサポートを受けられます。たとえば、保険金の請求や保障内容の見直しなどの手続きも任せられます。複数の保険会社の保険に加入する場合も、ひとつの窓口で手続きができて便利です。

保険相談窓口を利用するデメリット

保険相談窓口を利用する場合、デメリットもあります。どのようなデメリットがあるのか解説します。

相談員のスキルに差が生じやすい

基本的に、保険相談窓口の相談員は豊富な知識や経験をもちあわせています。ただし、実際に対応する相談員によって、知識や経験には差があります。すべての相談員が同じレベルだとは限らないため、期待しているようなアドバイスを受けられない可能性もあるでしょう。

比較や選択が難しい場合がある

保険相談窓口では多種多様な保険を扱っているため、加入する保険を選ぶ際に迷う可能性があります。相談員が条件や希望にあわせて保険を絞り込んでくれますが、対応が不十分であれば選ぶのが難しくなります。似ている保険の違いをくわしく説明してくれる相談員にアドバイスを受けられないと、保険相談窓口を利用する意味がありません。

保険相談が必要となるタイミングとは

保険相談はどのようなときに必要になるのでしょうか。具体的なタイミングについて解説します。

就職や親元からの独立

就職したり親元から独立したりしたら、今後の人生についても自分で責任をとる必要があります。病気やケガをしても安心して暮らすためには、保険相談により保険へ加入するのがおすすめです。将来を考え、保険の必要性についても理解しておきましょう。

結婚

結婚すると自分だけが保障を受けられる保険では不十分になります。夫婦が安心して暮らすために必要な保険を選び直さなければなりません。保険相談を行い、家族の将来においてどのような保障を受けられれば安心か検討すべきです。

子どもの誕生

子どもができて家族が増えれば、必要な保障もさらに増えます。子どもの成長も見据えて必要な保険を選ぶために保険相談を行う家庭が多いです。また、出産に備えて医療に関する保障を充実させておくと、より安心できます。

子どもの独立

子どもが成長して独立すれば、それまで子どもにかかっていた生活費や教育費などは不要になります。子どものために加入していた保険から老後の備えに必要な保険へ切り替えるために保険相談窓口へ相談すると、適切なアドバイスを受けられます。

加入している保険の更新時

保険は更新するたびに保険料が上がっていくのが一般的です。保険の更新時に保険相談を行えば、保険料の支払い能力や更新時の生活状況を考慮して保険を見直せます。

保険相談窓口選びのポイント

保険相談窓口を選ぶときは、さまざまなポイントがあります。具体的なポイントについて解説します。

専門知識がある相談員

保険相談窓口に在籍している相談員の資格や経験をチェックしましょう。信頼できる資格や豊富な経験がある相談員ほど、適切なアドバイスをしてくれる可能性が高いです。特に、ファイナンシャルプランナーの有資格者なら、より役立つ提案をしてくれます。対応が親切で丁寧かどうかについても確認してください。

利便性も考慮する

保険相談窓口を利用するうえでは、利便性も重要です。たとえば、オンラインで相談できれば、外出しなくても簡単に保険についてアドバイスをもらえます。育児や介護などで外出が困難な場合や感染症対策が気になる場合も、オンラインなら相談しやすいです。

店舗を利用するなら、行きやすい場所にあるかどうかをチェックしましょう。よく訪れる場所に保険相談窓口があればわざわざ行かなくていいため、利用しやすいです。

取り扱い商品の数や種類が充実している

保険相談窓口によって、取り扱っている保険会社の数は異なります。取り扱っている商品数や種類が充実している保険相談窓口を選べば、より幅広い選択肢のなかから自分にあう保険を選択できます。保険相談窓口が取り扱っている保険については公式サイトに記載されているため、あらかじめ確認しておきましょう。

加入後のサポート

保険相談窓口を選ぶときは加入後のサポートについてもチェックし、サポートが充実しているところを選びましょう。保険に加入した後は、給付金や保険金の請求、契約内容の変更、更新、保険料の見直しなどさまざまな手続きが必要になります。サポートが充実している保険相談窓口なら、それぞれの手続きもスムーズに進められます。

保険相談窓口を活用するためのポイント

保険相談窓口を活用する際は、どのようなことを意識したらいいのでしょうか。保険相談窓口を活用するためのポイントを解説します。

知識を身につける

保険相談窓口を活用する場合、自分自身である程度の基礎知識を身につけておいたほうがスムーズに相談できます。相談員からの提案を見極めるうえでも、保険に関する基礎知識は重要です。

たとえば、セミナーに参加すれば、保険を選ぶうえで必要な知識を効率的に学べます。セミナーを通してファイナンシャルプランナーへの相談もできるため、安心です。セミナーの多くはオンラインで開催されており、気軽に参加できるでしょう。

目的を明確にする

保険を選ぶときは、加入の目的を明らかにしておきましょう。誰がどのような状況になったときに備えるのか想定しておくことが大切です。目的が曖昧な状態で相談すると、相談員は適切な保険商品を提案しにくくなります。相談に費やす時間を無駄にしないためには、保険相談窓口を利用する前に保険の加入目的を決めておく必要があります。

書類や情報を揃えておく

加入済みの保険がある場合は、保険証券を持参しましょう。相談員に見せながら相談すれば、いま加入している保険の保障内容が現状に適しているかどうかをプロの目線でチェックしてもらえます。家計に関する情報もまとめておくと、より最適な保障内容について判断してもらえます。

まとめ

保険相談窓口を活用すれば、自分にあう保険を選びやすくなります。利用する前に保険の加入目的を決めて基礎知識も身につけておくと、よりスムーズに相談できるでしょう。

スクロールでは、「医療保険って必要なの?」と疑問がある方や保険加入を検討している方に向けて、無料のオンラインセミナー「Webで学べる!はじめての医療保険」を公開中です。今ならFP無料相談ができる参加特典付きです。ぜひ気軽にご参加ください。

新着記事

自動チャットで
セミナー日程をご案内します

セミナーコンシェルジュ
こんにちは。スクロールです。
自動チャットでセミナーをお調べします。
まずは、セミナーの受講タイプをお選びください。
まずは、エリアをお選びください。
エリアをお選びください。
都道府県をお選びください。
開催地をお選びください。
ありがとうございます。それでは、のマネーセミナーをご案内いたします。詳細ページから「このセミナーに申し込む」へお進みください。
ありがとうございます。
オンラインセミナーは、以下のページからお申し込みください。
会場開催セミナー
オンライン
確定する
東京
関東
関西
九州
確定する
東京都
他のエリアを選択
確定する
神奈川県
他のエリアを選択
確定する
大阪府
兵庫県
京都府
他のエリアを選択
確定する
他のエリアを選択
確定する
福岡県
他のエリアを選択
確定する
有楽町
渋谷
新宿
他の都道府県を選択
横浜
他の都道府県を選択
梅田
千里中央
豊中
他の都道府県を選択
神戸
他の都道府県を選択
京都
他の都道府県を選択
天神
他の都道府県を選択