参加費無料!プロのファイナンシャルプランナーがわかりやすく教えます!
0120-155-114 9:00-20:00 (土日祝OK)
参加
無料
セミナーを探す

コラム

楽しく貯金するには?続かない人でも楽しみながらお金を貯める

貯金が続かない人は、無理な節約をして「がまん、がまん」と自分を追い込み、それがひずみとなって爆発が起きてしまうからではないでしょうか。お金を貯めることはダイエットと似ています。とにかく無理は長続きしません。ゆるいスタンスで、ゲームを楽しむぐらいの気持ちで始める。これが貯金をするのが長続きのコツです。

photo

お金を貯める楽しさ

お金を貯めることが楽しくなると、貯金が習慣となりやすいです。では貯金上手な人は、どんな風に貯金を楽しんでいるのでしょうか?

目標の金額に達したときの喜び
目標の金額を設定し、それをクリアするために頑張っている人は、貯金が上手です。目標の金額になったときの達成感、その喜びを一度味わえると、それが癖になり貯金が習慣化します。ただし目標金額をあまり高くしてしまうと、途中で挫折してしまい、かえって逆効果です。反対に簡単に達成できるような金額では「やったー」感が薄く、喜びもそれほどでもありません。1年の目標金額としての目安は年収の1割程度。まずはこれぐらいから始めるのがいいでしょう。

日々積み重ねてお金が貯まる楽しさ
お金が貯まる楽しさを脳に刷り込んでおくことで、貯金は長続きします。最初は日々、お金が貯まっていく様子を見える化すると、貯金へのやる気が高まります。

まずは500円玉貯金から
毎日500円玉を1枚、ビンやカンに入れてお金を貯めるのも立派な貯金です。「500円玉なんて貯めたところで幾らにもならないよ」と思う人も多いと思いますが、"塵も積もれば"です。1か月、確実貯めることができれば約15,000円の貯金です。これを1年続ければ約180,000円。テンションがあがってきませんか? この時、オススメしたいのが、500円玉を貯める入れ物の工夫です。500玉貯金をするための専用の貯金箱もありますが、中身が見えないと貯まっているという実感につながりません。ここは中身が見えるスケルトンの入れ物を用意しましょう。そして毎日500玉がチャリンチャリンと増えていく様子を見る。自然とお店でおつりをもらうとき「あ、500円玉でもらわないと」という気持ちが生まれ、貯金が習慣化されます。

貯金が苦手でも楽しめる?

貯金が苦手な人でも、貯まっていくお金を見続けることで、貯金を意識し、テンションが上がってきます。

通帳を見てモチベーションを高める
最初は、貯金専用の口座を用意し、その中にお金をどんどん入金しましょう。ただしその口座のキャッシュカードは、家に置いておきます。持ち歩くと、すぐにお金を引き出してしまうので、最初からこのお金はもともとないものとして、忘れるぐらいがちょうどいいのです。そして入金するときは、必ず通帳で行いましょう。すると同時に、通帳記帳もやってくれるので、残高が確実に目で見えます。そして通帳はいつも見えるところに置いておく。残高が増えていくとテンションもあがり、もっと残高を増やしたいという気持ちがわいてきます。

途中、挫折しそうになり「使おうかな?」という衝動にかられたときは、まず3日間のクールダウン期間を設けてください。そして3日後、通帳の残高を見て「本当にこのお金が必要なのか?」もう一度自問自答しましょう。貯金が苦手な人は、感情や勢いで貯金をおろしてしまうことが多いため、この一呼吸をおくことはとても大切です。

お金がたまった後の使い道を考える

今までは貯金することが苦手な人が、貯金を習慣化して、残高が増える楽しさを知ってもらうためのことでした。しかし貯金の本来の目的はその後です。まとまった額ができたら、そのお金を使って、さらに増やすことを考えないとダメです。

貯金の続きは投資を始めよう
まとまったお金を貯めたら、今度は堅実に定期預金に預けて満期を待つのもいいでしょう。リスクが少々あるけれど、債券や株式に投資してリターンを増やすのも有効です。

投資はギャンブルではない
投資と聞くと、ギャンブルをイメージする人が多いと思いますが、それは違います。長期、中期、短期にわけて色々な金融商品に預けいれることは、これからの時代、当たり前のことになります。ただし正確な知識や、情報がないと、これはギャンブルになってしまいます。そこで大切なのが、資産運用の勉強です。そのスキルを身につけるためには、新聞やネットはもちろんですが、スクロールのマネーセミナーなどで基礎的な知識と、タイムリーな情報を教えてもらえば、さらにお金の貯まるしくみが理解できます。

貯金は苦痛ではありません。ゲーム感覚で楽しむことを覚えれば、貯まる仕組みがうまれ、さらにそれ以上に資産を増やしたいと思うはずです。まずは500円玉をコツコツ貯めるところからスタートして、貯金の楽しさを実感してみてください。


お金の「貯め方・殖やし方」がプロから学べる、スクロールマネーセミナーはこちら

新着記事

カテゴリー