コラム

保険の見直しに適したタイミングとは|見直すメリットや見直し方と合わせて解説

保険の見直しに適しているタイミングは、生活環境が変化したり保険に加入してから一定期間が経過したりしたときです。

この記事では、これから資産運用を始めたいと考えている人に向けて、生命保険の見直しのタイミングを解説します。保険を見直すべき理由やそのメリットとともに、具体的な見直しの方法を解説します。ぜひ参考にしてください。

なぜ保険の見直しが必要か

ライフスタイルやライフステージごとに必要な保険の種類は異なるため

生命保険は、万が一の事態が発生した場合のリスクに備えるために加入します。ただし、ライフスタイルやライフステージが変化すると、発生する可能性のあるリスクも変わります。

たとえば、独身であれば、自分自身のリスクに備えられる保険に加入していれば問題はありません。しかし、結婚したり子どもができたりすれば、家族にとってのリスクにも備えられる保険を選ぶ必要があります。

よって、ライフスタイルやライフステージが変化したら保険の内容を見直し、現状にあう保険に加入することが大切です。

保険を見直すことで得られるメリット

保険を見直せばさまざまなメリットを得られます。ここでは、具体的なメリットについて解説します。

現時点で最適な保障を備えられ、不要な保険料の支出が減る可能性がある

保険を見直せば、そのときのライフスタイルやライフステージにあう保障を備えられます。いままで加入してきた保険の内容をチェックし、不要なものを削減することも可能です。その場合、保険料の支出を減らせる可能性もあります。

たとえば、子どもが独立すると、子どものための備えは必要なくなるでしょう。どのような状況になっても養育費や学費を捻出できるよう保険に加入していた場合、それらを削減すれば不要な保険料がかからなくなります。

保険料が軽減した場合、貯蓄などの資産運用に回せる

毎月の保険料を減らせば、その分のお金をほかの目的のために活用できます。たとえば、貯蓄をはじめとする資産運用に回すのもひとつの方法です。

ただし、保険を見直した結果、必要な保障を追加するケースもあります。保険の見直しは保険料の軽減だけが目的ではない点も理解しておきましょう。

保険の見直しに適したタイミング

保険の見直しをするのはどのようなタイミングが適しているのでしょうか。以下で具体的に解説します。

ライフスタイル・ライフステージに変化があったとき

ライフスタイルやライフステージが変化したときは、保険も見直しましょう。生活環境が変化すれば、必要な保障内容も変わる可能性が高いからです。具体的には、就職して一人暮らしを始めたとき、結婚したとき、子どもができたとき、子どもが独立したときなどは、保険も見直す必要があります。

加入している保険の保障内容を確認し、過不足がないかチェックしましょう。それぞれの状況において、どのようなリスクに備えたいかイメージすることが大切です。

保険料が家計の負担になっていると感じたとき

毎月の保険料が家計にとって大きな負担になっていると感じるときも、保険の見直しが必要です。特に、支出が増えるタイミングで保険料の負担が大変だと感じるようになります。たとえば、子どもが誕生して生活に必要なお金が増えたり、持ち家を購入して住宅ローンの支払いが始まったりするタイミングが当てはまります。

家計に対する負担が大きい場合は必要な保障内容を絞り込み、より安い保険料で利用できる保険に乗り換えるのがおすすめです。

保険の更新時期

保険は定期的に更新時期があります。基本的には自動更新される保険が多いですが、更新のたびに保険料は高くなるため注意しましょう。更新の前に保障内容を見直し、本当にいまの自分にあっているか確認することが大切です。

保障内容が現状にあっていない場合は、自動更新される前にほかの保険へ乗り換える必要があります。更新のタイミングを忘れずにチェックすれば、無駄な保険料を支払わなくて済むでしょう。

現在の保険に加入してから時間が経っているときや、誕生日

さまざまな保険会社があり、どんどん新しい保険商品が登場しています。そのため、保険に加入してから時間が経っている場合、自分にとってより最適な保険がある可能性もあります。保険に加入してからある程度の時間が経過したら、加入している保険とほかの保険商品を比較してみましょう。

また、誕生日を機に保険を見直す人も多いです。年齢が上がれば病気のリスクが高くなるため、保障を手厚くしたほうが安心できます。なお、特別なことがなくても気が付いたタイミングで保険を見直すと、最適な保障をしっかり受けられます。

保険の見直し方

現在の契約内容を見返すと共に、今後必要な保障を洗い出す

保険を見直す際は、細かい契約内容を確認しましょう。保障内容や保険料だけでなく、保険金額やその受取時期についても改めて把握する必要があります。正確な契約内容を確認したら、今後はどのようなリスクに備える必要があるのか検討することが大切です。

保険を契約してから時間が経てば、自分自身の状況もどんどん変化していきます。備えるべきリスクが変わっている可能性もあるため、注意が必要です。契約内容の振り返りや今後必要な保障の洗い出しは、以下の作業を行ううえでも重要です。

保険の種類ごとの特徴を理解し見直す

保険にはさまざまな種類があるため、保険の見直しにおいてはそれぞれの特徴も理解しなければなりません。まずは現在加入している保険の種類を確認し、どのような特徴を備えているか把握しましょう。

保険は、定期保険と終身保険に大別できます。定期保険は掛け捨て型で、万が一の場合に対する保障に特化している保険です。定期的に更新があります。一方、終身保険は生涯加入するのが前提となっている積み立て型の保険です。万が一の場合に保険金が支払われるだけでなく、死亡保険金や解約返還金(解約返戻金)も受け取れます。

保険の種類と自分の相性を確認し、今後のリスクに備えられるか検討しましょう。

保障内容の過不足を確認する

いまの自分にとって、保険の保障内容に過不足が生じていないか確認しましょう。契約から時間が経てば自分自身の状況が変化し、保障内容があわなくなっている可能性があります。

たとえば、高齢の親を扶養することになれば、親の病気や介護への備えも必要です。定年退職した後は、なるべく少ない保険料で必要な保障を受けたいと考える人が多くなるでしょう。
保障内容の過不足を確認し、無駄なく必要な保障を受けられるように契約を見直すことが大切です。

被保険者・保険金の受取人が誰になっているか確認する

保険を見直す際は、被保険者や保険金の受取人についても改めて確認しましょう。特に、保険金にかかる税金の種類や課税額は、保険金の受取人を誰に設定するかによって変化します。

死亡保険金には相続税がかかりますが、受取人が法定相続人であれば500万円まで非課税になります。法定相続人以外を受取人にすると税制優遇を受けられないため、注意が必要です。

相続税の非課税枠は変更される可能性もあります。保険の見直しのたびに、税制についても確認しましょう。

保険料の支払いが負担になっていないか、今後もならないか検討する

保険を見直す際は、保険料を無理なく支払えるように調整する必要があります。特約を解除したり保険金を減額したりして保障内容を削減すれば、保険料の負担を軽減できます。また、余裕があれば、特約の追加や保険金の増額により保障内容を増やしてもいいでしょう。

どうしても保険料を支払うのが大変な場合は、保険を解約するのもひとつの方法です。保険の解約時の注意点については、後述します。

保険の見直しをする際の注意点

空白期間を作らないなど、解約する場合は特に注意が必要

いまの保険を解約して新しい保険へ加入する場合、空白期間ができないようにしましょう。どの保険にも加入していない状態で万が一の事態が発生すれば、保障を受けられません。また、必ずほかの保険に加入できるとは限らないため、新しい保険への加入手続きが完了してからいままでの保険を解約すべきです。

貯蓄性のある保険に加入していた場合、解約のタイミングによっては払い込んだ保険料よりも解約返戻金が下回る可能性もあります。解約返戻金の金額にも注意しましょう。

見直し時、保険会社から「転換」の提案があった場合にも注意する

場合によっては、保険会社から転換を提案される可能性もあります。転換とは、現在加入している保険の解約返戻金を頭金として活用し、同じ保険会社が運営しているほかの保険へ乗り換える方法です。特別配当がある場合、転換により無駄なく受け取れるというメリットもあります。

ただし、保険を転換して利率が下がらないかについてもよく確認しましょう。現在加入している保険の解約返戻金を受け取れない点にも注意が必要です。

新たな保険への加入が良いか、現在加入している保険の増額が良いかにも注意する

保険を見直して新たな保険へ加入すべきか、現在加入している保険を増額すべきかについては、人によっても異なります。人によって状況は異なるため、自分自身の状況を考慮して検討することが大切です。

将来への備えのために保険を活用する場合は、死亡保険金や解約返戻金としていくら受け取れるかについても確認しなければなりません。将来を見据えて保険を活用するなら、必要な金額をしっかり確保できるようにしましょう。

保険の見直し方は人によって様々、必要に応じ専門家に相談する

保険を見直しても、必ずしもほかの保険に切り替える必要はありません。保険の見直しにおいては、払いこみ期間と支払い方法をあわせて見直すことも可能です。終身払いにしているなら、見直しの際に短期払いへ切り替えられる可能性もあります。

判断に迷う場合は、専門家に相談しながら見直しを進めると安心です。たとえば、保険の見直しはファイナンシャルプランナーや保険会社の営業担当者などに相談できます。

まとめ

保険は定期的に見直し、そのときの状況にあうように調整することが大切です。保険の見直しに適しているタイミングは複数あるため、それぞれで保障内容をよく確認しましょう。

スクロールマネーセミナーでは、オンラインセミナーの「Webで学べる!はじめての医療保険」を無料で公開しています。参加者は80,000人以上、開催数は6,000回以上となっており、多くの人から支持されています。

保険やお金に関する基本を学べるうえに、今ならファイナンシャルプランナーへの無料相談の特典もついています。ぜひ気軽に参加ください。

新着記事

自動チャットで
セミナー日程をご案内します

セミナーコンシェルジュ
こんにちは。スクロールです。
自動チャットでセミナーをお調べします。
まずは、セミナーの受講タイプをお選びください。
まずは、エリアをお選びください。
エリアをお選びください。
都道府県をお選びください。
開催地をお選びください。
ありがとうございます。それでは、のマネーセミナーをご案内いたします。詳細ページから「このセミナーに申し込む」へお進みください。
ありがとうございます。
オンラインセミナーは、以下のページからお申し込みください。
会場開催セミナー
オンライン
確定する
東京
関東
関西
九州
確定する
東京都
他のエリアを選択
確定する
神奈川県
他のエリアを選択
確定する
大阪府
兵庫県
京都府
他のエリアを選択
確定する
他のエリアを選択
確定する
福岡県
他のエリアを選択
確定する
有楽町
渋谷
新宿
他の都道府県を選択
横浜
他の都道府県を選択
梅田
千里中央
豊中
他の都道府県を選択
神戸
他の都道府県を選択
京都
他の都道府県を選択
天神
他の都道府県を選択