コラム

保険の勉強はなぜ必要?勉強方法や保険を選ぶときのステップも解説

保険に入りたいと思っているものの、保険について知識がないために選び方がわからないという人もいるでしょう。この記事では、保険に興味をもっている人に向けて、保険の勉強をすべき理由や勉強するメリットなどを解説します。保険の種類や保険を選ぶ際のポイントも解説するため、ぜひ役立ててください。

保険の勉強はなぜした方がいいのか

保険の勉強はなぜ必要なのでしょうか。ここでは、保険の勉強をすべき理由を解説します。

保険に加入すべきか判断ができるため

人によって状況は異なるため、保険が必要かどうかもそれぞれ異なります。自分が保険に加入すべきか判断するためには、保険に関する知識が必要です。保険にはさまざまな種類があり、状況に応じて選ぶべき保険も異なります。

保険が必要なのは、たとえば万が一の事態が起きたときに自分で費用を用意できない人です。また、自分が家計を支えている場合や自営業を営んでいる場合なども保険に加入したほうがいいでしょう。自動車を所有している人も保険に加入すると安心です。

損をしないため

保険についての知識があまりなければ、勧められるままに保険の契約をしてしまう可能性があります。保険の売り手は利益を得るために保険を勧めているため、相手の言い分を鵜呑みにすると損をするリスクもあるでしょう。自分にとって必要ない保険に加入して損をしないようにするには、自分自身が保険についてよく理解しておく必要があります。

保険について勉強するメリット

保険について勉強すればさまざまなメリットがあります。具体的にどのようなメリットがあるのか解説します。

適切な保険が選べる

保険について勉強すれば、保険の種類やそれぞれが必要な人の特徴などを把握できます。そのため、自分が保険を選ぶ際の失敗も防ぎやすくなります。不要な保険料を支払ったり、トラブルが発生したときに損失をカバーできなかったりするリスクも抑えられるでしょう。

保険について知識を深めると、自分にとって適切な保険を迷わず選べるようになります。複数の保険を比較するうえでも、保険に関する基本的な知識があると役立ちます。

知っておきたい保険の種類

保険には複数の種類があります。ここでは、基本的な保険の種類について解説します。

死亡保険

死亡保険とは、保険の対象者が亡くなったり高度障害状態になったりすると保険金が支払われる保険です。

死亡保険には、さまざまな種類があります。定期死亡保険は、一定期間を保障する保険です。満了を迎えると契約更新できる場合もあります。それに対して終身死亡保険は、保険の対象者が亡くなるまで保障が続く保険です。対象者が亡くなると、あらかじめ指定していた受取人に保険金が支払われます。

さらに、定期保険特約付終身死亡保険は、定期死亡保険と終身死亡保険を組みあわせた保険です。終身死亡保険の契約期間のうち一定期間のみ定期死亡保険を上乗せし、保障を手厚くできるようになっています。また、保険金を分割して受け取れる収入補償保険もあります。

医療保険

医療保険とは、保険の対象者が病気やけがをしたときに給付金が支払われる保険です。医療保険のうち定期医療保険は、一定期間のみ保証される保険です。ただし、満期を迎えると更新できます。

一方、 終身医療保険は、一生涯保証が続く保険です。加入後に病気やけがで通院や手術が必要になれば、いつでも給付金を受け取れます。ガンに備えるための専用のガン保険もあります。

また、所得補償保険や就業不能保険も人気です。これらに加入すると、病気やけがで働けなくなったときの収入の不足をカバーできます。

死亡補償付きの生存保険(生死混合保険)

死亡補償付きの生存保険とは、保険期間中に亡くなった場合だけでなく、契約満了時に生存していても保険金が支払われる保険です。掛け捨てではないため、貯蓄性があるというメリットがあります。

死亡補償付きの生存保険としては、たとえば学資保険やこども保険があります。子どもがある程度の年齢になる前に親が死亡すれば保険金が支払われますが、生存していれば祝金が支払われます。

年金形式で保険金が支払われる個人年金保険も、死亡補償付きの生存保険の一種です。また、満期になる前に亡くなれば死亡保険金、満期まで生きていれば満期金が支払われる養老保険もあります。

損害保険

損害保険とは、損害を受けたときに保険金が支払われる保険です。損害保険に加入していれば、万が一の事態が発生しても治療費や修理費を捻出できます。

損害保険としては、たとえば自動車保険があります。自動車で人にけがを負わせたときの損害賠償金や自動車の修理費などとして保険金を受け取ることが可能です。自動車の事故以外に備える損害保険もあります。

また、保有している不動産が災害に見舞われた場合に備えるには、火災保険へ地震保険に加入すると安心です。旅行中のリスクに備える国内旅行保険や海外旅行保険などもあります。

介護保険

介護保険とは、介護が必要な状態になったときに保険金が支払われる保険です。公的な介護保険は、40~65歳に対して保険料の支払いを義務付けています。民間の介護保険は、公的な介護保険に加えて加入できます。

公的な介護保険だけでは十分な保障を受けられないケースもあるため、将来介護が必要になる可能性への備えとして民間の介護保険にも加入しておくと安心です。

保険の勉強方法

保険の勉強はどのように取り組めばいいのでしょうか。ここでは、保険の勉強方法について解説します。

書籍で勉強する

保険の勉強を始めるなら、まずは専門書籍を購入して勉強するのがおすすめです。書籍は専門家が根拠をもって執筆しているため、信頼できる情報がまとめられています。保険の情報はインターネットでも検索できますが、誤った内容が掲載されている場合もあります。書籍ならそのような心配が少ないです。

書籍を選ぶときは目立つキャッチコピーに惑わされず、内容をよく確認しましょう。保険全般について記載されている書籍を選ぶといいです。

マネーセミナーに参加する

初心者向けのマネーセミナーに参加すれば、保険に関する知識を効率的に学べます。お金や保険のプロから話を聞けるうえに、自分の疑問を直接質問できる可能性があります。最近ではオンラインで開催されているマネーセミナーも増えているため、気軽に参加しやすいです。

適切な保険を選ぶためのステップ

自分にとって適切な保険を選ぶには、どうすればいいのでしょうか。ここでは、保険選びのステップを解説します。

「なぜ保険に加入するのか」理由・目的を明確化する

保険に加入するときは、事前に目的を明らかにしておくことが大切です。自分自身の年齢、家族構成、ライフステージ、年収などを考慮したうえで、どのような保障が必要なのか検討しましょう。たとえば、万が一自分に何か起きても、家族が生活していけるかどうか考える必要があります。

ファイナンシャルプランナーに相談してライフプランを作成すれば、保険に加入する理由や目的を明らかにしやすくなります。

加入すべき保険の種類を選ぶ

保険に加入する目的が決まったら、どの種類の保険が適しているか確認しましょう。すでに解説したとおり、生命保険には死亡保険や医療保険などさまざまな種類があります。

自分で保険を選んでも構いませんが、より最適な保険を選ぶためにはファイナンシャルプランナーに相談すると安心です。専門的な知識をもとに最適な保険を提案してもらえます。場合によっては、保険について自分では気づかなかった知見を得られる可能性もあります。

保険料・補償内容・期間などを比較検討する

選ぶ保険によって内容はそれぞれ異なります。保険料、保障内容、期間を比較し、自分にあっているかしっかりチェックしましょう。特に大切なのは、自分の収入と照らしあわせて無理なく保険料を支払えるかどうかです。定期保険でも一定期間は保険料を支払い続ける必要があるため、長期的な目線でシミュレーションする必要があります。

保険に加入する

ここまでの作業により目的や条件に応じた保険がはっきりしたら、実際に手続きをして保険に加入しましょう。

「人気の保険」ではなく「自分に合った保険」を選ぶ

保険を選ぶときは、自分との相性が重要です。有名な保険や売れている保険であっても、自分にとってベストな内容だとは限りません。先入観やイメージで保険の種類を絞るのではなく、自分の目的を考慮したうえで保険を選ぶことが大切です。

ファイナンシャルプランナーに相談すると、自分の思い込みで保険を選んでしまうリスクを減らせます。無料でファイナンシャルプランナーに相談できる場合もあるため、そのような機会を上手に活用しましょう。

まとめ

保険の勉強をすれば、自分にあう保険をスムーズに選べるようになります。保険にはたくさんの種類があるため、勉強によりそれぞれの違いをしっかり把握しましょう。

スクロールでは、保険の仕組みや基礎知識を学びたい方に向け、無料のオンラインセミナー「Webで学べる!はじめての医療保険」を公開中です。今ならFP無料相談ができる参加特典付きです。ぜひ気軽にご参加ください。

新着記事

自動チャットで
セミナー日程をご案内します

セミナーコンシェルジュ
こんにちは。スクロールです。
自動チャットでセミナーをお調べします。
まずは、セミナーの受講タイプをお選びください。
まずは、エリアをお選びください。
エリアをお選びください。
都道府県をお選びください。
開催地をお選びください。
ありがとうございます。それでは、のマネーセミナーをご案内いたします。詳細ページから「このセミナーに申し込む」へお進みください。
ありがとうございます。
オンラインセミナーは、以下のページからお申し込みください。
会場開催セミナー
オンライン
確定する
東京
関東
関西
九州
確定する
東京都
他のエリアを選択
確定する
神奈川県
他のエリアを選択
確定する
大阪府
兵庫県
京都府
他のエリアを選択
確定する
他のエリアを選択
確定する
福岡県
他のエリアを選択
確定する
有楽町
渋谷
新宿
他の都道府県を選択
横浜
他の都道府県を選択
梅田
千里中央
豊中
他の都道府県を選択
神戸
他の都道府県を選択
京都
他の都道府県を選択
天神
他の都道府県を選択